レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4500件以上! レビューは毎日更新します。


誰も知らない

子供の存在を知られないよう生活する母子家庭で
学校にも通わずに兄弟の面倒を見る長男の話。


子供にまともな生活をさせない無責任な母親と
その無茶苦茶な言いつけを守って
健気に暮らす子供の様子がやたらとリアル。
なんとか家族を支えようと努力する長男の言動が
いちいち胸に刺さって心苦しい。


育児放棄によって社会から断絶された不幸を
容赦なく突きつけられる。
先の見えない不安から逃れられず、
どんどん生活が荒れていく様子が見るに堪えない。


世の中で実際に起きている社会問題を強烈に描いた作品。

キスから始まるものがたり

f:id:IKUSHIMA:20210915223330j:plain


作品情報:
https://www.netflix.com/title/80143556


幼馴染で仲のいい男友達と決めていたルールを破り、
彼の兄を好きになってしまった女子高生の話。


主要人物のキャラクターはそれほど悪くないのだが、
大半の時間はチャラい高校生がはしゃいでいるか、
カップルがいちゃついているだけなので全体的に話が薄く、
そこまで引き込まれる要素がなかった。


意味深に登場したOMGの3人も
結局どういう関わりなのかわからなかったし、
親友の兄と付き合うことに
なぜそれほど抵抗感を感じるのかも伝わってこなかった。


美男美女カップルということで見栄えはいいのだが、
無理やりに障害を作っているとしか思えず、
恋愛映画としてもコメディ映画としても物足りなかった。

キューティ・ブロンド

キューティ・ブロンド [Blu-ray]

キューティ・ブロンド [Blu-ray]

  • リーズ・ウィザースプーン
Amazon

フラれた彼氏を諦めきれない女性が
猛勉強して同じ法律大学に入学してしまう話。


あまりにたくさんの女性が登場し、
誰が主人公かわからなかった序盤は混乱したが、
大学入学に成功したあたりから
登場人物の整理がついてグッと面白くなる。


また、日本人から見ると
主人公が浮いた存在であることがわかりにくいが、
要するに恋愛とファッションに夢中な「ギャル」なのだと考えれば
周囲からどう見られているかが想像しやすい。


彼氏に振り向いてもらおうと必死で努力する姿や
高い適応力でどんどん成長していく様子が感情移入しやすく、
周りの人に認められていく展開を期待してしまう。
うまく山場を用意しながらテンポよく進んでいく筋書きもよい。


キャラクターの作り方がうまく、
後味のいいサクセスストーリーの良作。

クリスティーナの好きなコト

仲のいい2人の友人と
いつも恋愛話に花を咲かせていた女性が
とある男性に夢中になってしまう話。


女性の本音を代弁する作品ということなのか
恋愛に関して赤裸々に共有し合う女性たちを描くが、
露骨な下ネタがひたすら連発されるので
笑いを通り越して観ている方が冷めてしまう。


とにかくエグいネタが多すぎて
主人公の恋心がどれほど真剣なのかが伝わってこないし、
見ていて気持ち悪くなるような汚い場面も多い。


せっかく豪華な俳優陣がそろっているのに
ひたすら嫌悪感を抱くだけのつまらない映画。

群がり

f:id:IKUSHIMA:20210914223943j:plain


作品情報:
https://www.netflix.com/title/81222576


イナゴの販売で細々とした生活を送っていた女性が
爆発的にイナゴを繁殖させる方法に気づく話。


イナゴの群れが襲ってくるパニックホラーかと思いきや、
人間が狂気に走っていく内容で非常に面白かった。


女手ひとりで家族を支えないといけない上に
周囲から孤立した生活をしているせいでどんどん追い詰められ、
なりふり構わない展開になっていく流れが素晴らしい。


禁断の方法で商売の規模を広げていく展開も怖いし、
イナゴの大群がビッシリと張り付いていたり、
ゆっくりとしたイナゴが大写しになる映像も怖い。


どうやって撮影したのかと思わせられる強烈なシーンの連続で
最後まで緊迫感が途切れずに楽しめるホラー。

若い東京の屋根の下[DVD情報なし]

家族4人で暮らす主人公の家に
若い男性が居候する話。


1963年という古い作品だが、
年頃の異性が自宅に同居することになり、
互いに気があるのにケンカばかりしてしまうという
最近のアニメやマンガのような設定。


王道のラブコメといった筋書きで展開は読めるが、
登場人物のキャラクター設定がうまく、
家族や幼馴染の温かい思いやりが心地いい。


わかりやすいストーリーで誰にでも観やすい良作。

忠臣蔵 花の巻・雪の巻<1954年公開版>

無念の思いを抱いたまま切腹することになった主君に代わり、
家臣たちが力を合わせて恨みを晴らす話。


赤穂事件を題材にした「忠臣蔵」の映像作品は無数にあるが、
その中でも初心者向けの仕上がりになっており、
登場人物が整理しやすく、話の展開もわかりやすくて
時代劇や忠臣蔵に不慣れでも非常に観やすく感じた。


そもそもの発端となった刃傷事件から
家臣たちの話し合い、城の明け渡し、
離散から再び結集して討ち入るところまで
3時間越えという大ボリュームで丁寧に描かれている。


登場人物の名前や細かい人間関係がわからなくても
各場面の意味はおおよそ検討がつくようになっているし、
自分たちの思いを幕府に伝えるために策を尽くして
ジワジワと討ち入りに至る流れはなかなかに盛り上がる。


かなり古い上にモノクロ映像となるが、
忠臣蔵をほとんど知らない人でも
その醍醐味や筋書きが理解しやすい良作。


【関連作品のレビュー】
決算!忠臣蔵(映画)
学研まんが 日本の歴史<10>江戸時代・中期(マンガ)

ハンターキラー 潜航せよ

ハンターキラー 潜航せよ [Blu-ray]

ハンターキラー 潜航せよ [Blu-ray]

  • 発売日: 2021/02/03
  • メディア: Blu-ray

アメリカの潜水艦がロシア近海で撃沈されたことを受け、
主人公の乗る潜水艦が調査に向かう話。


導入部での勢力図がわかりにくく、
それぞれがどういう立場なのかがつかみにくい上に
なぜかアメリカとロシアが互いを支え合う展開で、
なんのために2か国を絡めたのかよくわからなかった。


序盤の海中戦は迫力があって見応えがあったが、
話が進むほどつまらなくなる作品で、
潜水艦がウリかと思いきや半分ぐらいは地上部隊の話だし、
結局、中心となるはずの潜水艦はほとんど何もしておらず、
主人公の手腕も伝わってこなかった。


期待したような潜水艦の見せ場はほとんどなく、
ただ国家の危機を陳腐に描いただけの作品だった。

ポルト

ポルト Blu-ray

ポルト Blu-ray

  • アントン・イェルチン
Amazon

これといった仕事もしていない冴えない男性が
カフェで知り合った女性と一夜を共にする話。


あまりに中身のない映画で
ただ男女のダラダラしたやり取りを見せられるばかり。
時系列を多少入れ替えているものの
特にそれに意味があるようにも思えず、
ひたすら刺激のない場面が続く。


感情移入できるほど男性に魅力があるわけでもないし、
何を描きたかったのか理解できない作品。

永遠の門 ゴッホの見た未来

永遠の門 ゴッホの見た未来 [DVD]

永遠の門 ゴッホの見た未来 [DVD]

  • 発売日: 2020/06/03
  • メディア: DVD

世界的に有名な19世紀の画家であるゴッホが
苦しみを感じながら過ごした日々を描いたもの。


多数の絵を生み出しながらも
いろいろな思いを抱えて悩み続け、
貧しく孤独な生活が送る日々が伝わってくる。


独自の斬新な画風もなかなか理解されず、
猛烈なペースで描かれる絵もさっぱり売れず、
ジワジワと追い詰められていく狂気の雰囲気を
非常にリアルに演じる主演俳優の迫力が素晴らしい。


ただ、ひたすら辛い様子ばかりで
映画としてスッキリできるところがないため、
あくまでゴッホの生き様に興味がある人向け。

総アクセス数