レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3800件以上! レビューは毎日更新します。


ジョーカー[DVD情報なし]

作品情報:
http://wwws.warnerbros.co.jp/jokermovie/


バットマン」シリーズに登場する悪役ジョーカーが
誕生するまでの経緯を描いたもの。


バットマンとなるブルース・ウェインの子供時代や
ジョーカーのキャラクターを知っている方が楽しめるので、
バットマン ビギンズ」と「ダークナイト」あたりを押さえておくとよい。


貧富の差が大きく、治安の不安定な街で
コメディアンとして日銭を稼ぐ主人公が
日に日に不満を鬱積(うっせき)させていく様子がたまらない。
前向きに生きようと思っても状況がどんどん悪くなり、
いろいろな人から虐げられながら
何もかもうまくいかなくなっていく。


ひたすら辛い人生を生きる主人公に感情移入しつつも
話が進むにつれて、我々の知るジョーカーの姿に
徐々に近づいていくのがとてつもなく怖い。


構成や演出、主人公のキャラクターが素晴らしく、
衝撃的なシーンが何度も訪れながら
最後の最後まで盛り上げてくれる造り。
心苦しい気持ちをずっと味わされる強烈な作品だが、
「バットマン」シリーズのファンならぜひ観て欲しい。


【関連作品のレビュー】
バットマン(映画)
バットマン リターンズ(映画)
バットマン フォーエバー(映画)
バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲!!(映画)
バットマン ビギンズ(映画)
ダークナイト(映画)
ダークナイト ライジング(映画)
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(映画)
スーサイド・スクワッド(映画)
バットマン ゴッサムナイト(アニメ)
ニンジャバットマン(アニメ)
GOTHAM / ゴッサム(テレビドラマ)
バットマン:ダークナイト(アメリカンコミック)
バットマン:アーカム・アサイラム(アメリカンコミック)
バットマン:キリングジョーク(アメリカンコミック)

彼方のアストラ<全12話>

彼方のアストラ Blu-ray BOX 上巻
KADOKAWA メディアファクトリー (2019-10-25)
売り上げランキング: 693
宇宙で遭難した9人の少年少女が
それぞれの特技を活かして生き延びていく話。


幼稚な笑いは全体的に滑り気味だが、
特殊な環境と動植物がいる惑星でのトラブルを
各自の能力を活かして突破する様子が面白い。


最初は登場人物が多すぎてゴチャゴチャするものの、
エピソードごとに各キャラにスポットが当たるので
徐々に把握できるようになっていく。


そして少しずつ出ていた疑問点を伏線として
一気に話の全貌が明かされる終盤。
すべてが綺麗につながる緻密な設定で
SFとしての面白さを味わせてくれる。


原作に忠実な仕上がりで、
遜色ない奥深さが楽しめる良作。


【関連作品のレビュー】
彼方のアストラ(マンガ)

X-MEN:ダーク・フェニックス

X-MEN:ダーク・フェニックス 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2019-10-09)
売り上げランキング: 54
アポカリプス」に続く新シリーズ4作目となり、
X-MENの中で強大な力を持つジーンが
自分の能力を制御しきれなくなる話。


主要メンバーが勢揃いする話なので、
これまでの3作品か、少なくとも初代3作品を観ておく方がよい。


相変わらず映像は素晴らしく、
それぞれの能力を活かした特殊な戦い方は目を引くが、
基本的に苦悩と仲間割ればかりの筋書きなので
ずっとモヤモヤしたストレスを感じた。


全員で協力して敵に立ち向かうという構図ではないため、
X-MENたちがどれだけ奮闘していてもどうにもスッキリせず、
こんな終わり方でいいのかという
妙な後味の悪さだけが残ってしまった。


【関連作品のレビュー】
X-MEN
X-MEN2
X-MEN ファイナル・デシジョン
X-MEN:ファースト・ジェネレーション
X-MEN:フューチャー&パスト
X-MEN:アポカリプス
ウルヴァリン:X-MEN ZERO
ウルヴァリン:SAMURAI
LOGAN / ローガン
デッドプール
デッドプール2

スノー・ロワイヤル

スノー・ロワイヤル [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 (2019-10-25)
売り上げランキング: 1,427
ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」をリメイクしたもので、
息子を殺された男性がギャングたちに復讐する話。


せっかくアメリカ映画としてリメイクされたのに
設定も見せ方もそっくりすぎてまったく新鮮味がない。
オリジナル版と同じ欠点が残ったままだし、
キャラクターに関しては迫力がなくなったしまった。


むやみに登場人物が多いばかりで把握しにくいし、
殺しの場面が多い割にスカッとした爽快感に欠ける。
そういった部分を直して欲しかっただけに
あまりにも代わり映えしない残念なリメイクとなった。


【関連作品のレビュー】
ファイティング・ダディ 怒りの除雪車

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 [Blu-ray]
松竹 (2019-08-07)
売り上げランキング: 21,093
全身が自由に動かせなくなる難病を患った男性と
彼の生活を支えるボランティアたちを描いたもの。


病人だからといって卑屈になる必要はないが、
ボランティアたちを小間使いのようにアゴで使う様子は
いくらなんでも勝手が過ぎると思うし、
セクハラじみた言動も目に余る。


また、彼の要求に言いなりになって
自分の生活を犠牲にするボランティアたちの気持ちも
まったく理解することができなかった。


支えられることに負い目を感じたりせず、
病人であっても自由に生きればいいという主張はわかるが、
ワガママを押し通す傍若無人ぶりにはどうにも感情移入できなかった。


俳優たちは非常にがんばっていると思うし、
コメディとして楽しめる部分はあるが、
キャラクターとしてはかなり人を選ぶように思う。

サギデカ<全5話>[DVD情報なし]

作品情報:
https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/sagideka/


詐欺犯罪を専門に扱う女性刑事を描いた話。


第1回で描かれる振り込め詐欺を軸にしつつも
エピソードごとにいろいろな詐欺が見れるし、
被害者から金を奪っていく様子に
闇金ウシジマくん」のようなエグさがあって面白い。


全5話というボリュームのおかげで
中だるみしないスピード感があり、
しっかりキャラクター付けされた登場人物たちも魅力的。


刑事ドラマ自体は珍しくないが、
詐欺を題材にした部分に新鮮味があって面白かった。

バンブルビー

バンブルビー ブルーレイ+DVD [Blu-ray]
パラマウント (2019-07-24)
売り上げランキング: 559
トランスフォーマー」シリーズの前日譚となる作品で、
バンブルビーが地球に来た経緯や
そこで出会った少女とのやり取りを描く。


シリーズでは6作目となるが、
バンブルビー誕生のエピソードなので
これまでの作品を観ていなくてもほとんど問題なく理解できる。


前5作はいずれも150分ほどの長編だったが、
本作は2時間を切るコンパクトな長さになっており、
登場人物も少ないため非常にわかりやすかった。


映像に頼るばかりで面白みを感じなかったこれまでの作品と違い、
わかりやすい設定と展開、
微笑ましいエピソードと迫力ある映像のバランスがよく、
全体的にテンポよく楽しめる良作に仕上がっている。


【関連作品のレビュー】
トランスフォーマー
トランスフォーマー / リベンジ
トランスフォーマー / ダークサイド・ムーン
トランスフォーマー / ロストエイジ
トランスフォーマー / 最後の騎士王

グリーンブック

グリーンブック [Blu-ray]
ギャガ (2019-10-02)
売り上げランキング: 137
裕福な暮らしをする黒人ピアニストと
運転手として雇われた男性とのやり取りを描いたもの。


金持ちだが融通の効かない男性と
粗暴だが裏表のない男性という
最強のふたり」を思わせるキャラクターで、
本作も同じような面白さが味わえる。


黒人を差別する文化が色濃かった
1960年代のアメリカが舞台となっており、
露骨な暴言や嫌がらせ以外にも
さまざまな冷遇で黒人の苦しみが伝わってくる。


ぶっきらぼうだが思いやりのあるトニーの人柄が素晴らしく、
2人のやり取りをいつまでも観ていたくなる。
違う世界に生きてきた2人がそれぞれの文化を交換することで
人間としての深みを増していく様子が素晴らしい。


実話でありながら映画としての娯楽性もあり、
俳優の存在感も構成も非常に満足できる完成度。
ぜひいろいろな人に観て欲しい傑作。

ノクターナル・アニマルズ / 夜の獣たち

ノクターナル・アニマルズ/夜の獣たち [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2018-12-05)
売り上げランキング: 12,463
作家の元夫から届いた小説を読み進める女性の話。


本を読む現在の場面と過去を回想した場面と
小説の中の場面とが交互に展開されるため、
いちいち区別する負担がかかる上に
その見せ方にあまり意味がないように思えた。


さんざん引っ張った展開の割に
モヤモヤした終わり方をするだけで、
結局、何を楽しめばいいのかよくわからなかった。


意味ありげな描写から
いろいろな考察をして楽しめる人ならいいかもしれないが、
映画としては投げっぱなしで面白みがなかった。

僕のワンダフル・ジャーニー[DVD情報なし]

作品情報:
https://boku-wonderful.jp


僕のワンダフル・ライフ」の続編で、
ある女性を見守る犬の生涯を描いた話。


前作と同じ犬が転生していくため、
できれば前作を視聴しておく方が楽しめるが、
ストーリー自体は孫娘を軸にした新しいものとなる。


犬が健気にがんばる姿には惹かれるが、
本作のトラブルはほとんどが異性問題なのが残念。
前作に比べて犬の人生に深みがないし、
飼い主との喜びを共感する機会も少ない。
やたらと嫌な人物ばかりが出てくるし、
話の展開も都合がよすぎるように思えた。


また、犬の感情がダイレクトに感じられる
吹き替えの方がオススメな作品なのだが、
主人公の吹き替えが下手すぎて感情移入を妨げるし、
肝心の歌が全然魅力的でなかったのに落胆した。


前作が素晴らしい作品だっただけに、
どうにも雑な仕上がりになってしまったのは残念。


【関連作品のレビュー】
僕のワンダフル・ライフ

総アクセス数