レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



女子高生ちえの社長日記

女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?
甲斐莊 正晃
プレジデント社
売り上げランキング: 341,747

タイトル通り、女子高生が社長となって
会社の中のことを勉強していくビジネス本。
小説形式で書かれ、一定のストーリーをベースに
主人公がわからない会社の事情や仕組みを解説していく流れ。

非常に面白かった「もしドラ」と同じような雰囲気を感じたが、
そこまで魅力的な内容ではなかった。
製造業における基本的な用語や仕組みはわかりやすく、
自分の仕事に関係がなくとも好奇心をそそられるのだが、
ベースとなる小説に無理がありすぎて、そこばかりが気になってしまった。

突然に社長となる主人公だが、家族経営の自営業などではなく
従業員1000人という規模の会社。
母はリウマチで外出できない、兄は研修医で忙しいという理由で
「おまえがやればいいんじゃないか?」程度の家族会議で決まるという
あまりにも無茶苦茶な設定でいきなり拒否反応。

学校に通いながら社長を兼務し、制服のまま取引先にクレーム処理に行き、
一日が終わると猫と会話する(猫のセリフまで書かれている)。
無防備にも友達を社長室に招き入れたと思ったら
友達は「試しにこの書類にハンコ押していい?」というバカ発言までする。
会社を支える役職者たちが女子高生が社長になるということを素直に受け入れ、
大真面目に対応する流れなどはさすがにリアリティがなさすぎる。

「会社のことが何もわからない主人公と一緒に学ぶ」というコンセプトは理解するが
せめてもう少し感情移入しやすい、違和感のない設定にして欲しかった。
100円均一ショップが「ひゃっきん」と呼ばれていることを
30代の経営コンサルタントが知らないとは思えないし、
学校がある社長のために会議を土曜日にズラすのもデメリットが大きすぎる。

もともと目標が設定されているわけでもないので
ストーリーとして結末らしい結末を迎えず、
まさに「日記」のようにただ日々の出来事が書かれているだけ。
1日ほどですんなり読めることもあって
製造業に関する事柄を学ぶ研修本としては敷居が低いが、
本としての面白味はかなりイマイチ。