レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



3月のライオン<1~13巻>

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)
白泉社 (2013-12-13)
売り上げランキング: 702

若きプロ棋士である少年を主人公にした話。

将棋の世界でプロとしてやっていく話として
あまり馴染みがない世界が舞台となるが、
ただ将棋を指すだけでなく、裏での努力や不安、プレッシャー、苦しみなど
棋士たちが感じている様々な想いがしっかり表現されている。
月に数回しか対局がないからといって暇なわけではないという
一般の人が気づきにくい点までしっかり描いているのが良い。

同作者の「ハチミツとクローバー」と似たノリは随所に感じられるものの、
全体的にはかなりシリアスな内容。
しかし、それぞれの登場人物に魅力があり、強く惹きこまれる。面白い。

将棋は強くともそれ以外では年齢相応の少年であり、
また、将棋が強いからこそ辛い想いを体験してきたところが新鮮。

【関連作品のレビュー】
3月のライオン(アニメ)
3月のライオン<前・後編>(実写映画)

総アクセス数