レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



進撃の巨人<1~10巻>

進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 2,200

町の周囲を高い塀で囲い、人間を喰らう巨人の侵入を
防いでいる世界を舞台にしたファンタジー作品。

知性らしい知性もなく、ただデカいだけではあるが、
それだけでも脅威となることがよく現れていて
世界設定も巨人と戦うというよりも
逃げる・防ぐばかりを優先した逃げ腰なところが面白い。

わずかな対抗手段として射出可能なワイヤーで
空中を移動しながら巨人の弱点を狙う方法が独特。
定期的にページを割いて作者による世界設定の説明が入る。
巨人と戦うことよりも、それに関わる人々の人間ドラマに
比重を置いている雰囲気が強く、
登場キャラクターの不安や悩み、感情部分の表現が多い。

全体的にあまり絵がうまくなく、人体のデッサンの崩れたものや
大きさの比率が不自然なコマが目に付くし、
キャラクターの描き分けや状況説明はかなり下手でわかりにくい。

次はどうなるのか、という引きは強いが、展開が遅く、
世間の評判ほどの特別な魅力は感じなかった。

【同シリーズのレビュー】
進撃の巨人(アニメ)