レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



BILLY BAT<1~7巻>

BILLY BAT(1) (モーニング KC)
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社 (2009-06-23)
売り上げランキング: 135,814

「BILLY BAT」という人気マンガを描く日系人が
マンガの主人公であるコウモリのキャラクターを軸とした
謎の事件に巻き込まれていく話。

実在の事件や歴史、宗教なども題材として使われており、
そういった知識がある方がより面白味を感じられる。

展開の仕方はこれまでの浦沢直樹作品と同じく、
さまざまな場面に飛びつつ、謎が小出しにされるパターンで
3巻まで読んでもほとんど意味がわからないまま。
特に今回は非現実的な要素が常に出てくるので混乱させられる。

相変わらず登場人物の描き方は非常にうまく、
それぞれのキャラクターは魅力的なのだが、
事件の内容がわからないまま
ひたすら部分的な場面を読むことには疲れを感じる。

伏線を回収できないまま終わったりしないかという不安や、
疑問が解消されないままどんどん巻を重ねるフラストレーションが残念。