レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4500件以上! レビューは毎日更新します。


虐待父がようやく死んだ

虐待父がようやく死んだ (バンブーコミックス エッセイセレクション)

虐待父がようやく死んだ (バンブーコミックス エッセイセレクション)

  • 作者:あらいぴろよ
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2019/08/16
  • メディア: Kindle版

父親からの暴力・暴言に苦しんだ作者が
異常な家庭で育った日々を振り返ったもの。


周囲から見えないDV行為が
どのように行われるのかという生の体験談が恐ろしい。
自分に対する暴力だけでなく、言葉による蔑みや親同士の喧嘩で
どんどん卑屈に追い詰められている様子がわかる。


読んでいると辛い思いを追体験することになるが、
家庭内暴力の実録エッセイとして
そういったリアルな状況が垣間見えるのは貴重。


また、ふと冷静になった作者が
自身も歪んだ感覚を持っていることに気づく部分があり、
同じような境遇の人が自分を客観視する助けにもなる。


家庭内暴力によって周囲の人間にも
負の影響が広がっていく様子が描かれており、
虐待の連鎖がなかなか途切れない怖さが伝わってくる1冊。


【関連作品のレビュー】
美大とかに行けたら、もっといい人生だったのかな。

総アクセス数