レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4500件以上! レビューは毎日更新します。


セブンティドリームズ<1巻>

子供を授かった老夫婦を描いた「セブンティウイザン」の続編で、
迫りつつある死に備えていく話。
キャラクター設定や経緯を理解するためにも
前作を読んでおいた方がいい。


本来の終活なら子供は自立している年齢なので
自分の葬儀や遺産相続といったものが中心となるだろうが、
本作はまだ幼稚園に通う幼子を持つ主人公が
確実にやってくる死に対して準備する内容になっている。


「死を意識するはずのない幼い子供の父親」と
「徐々に死を意識していく高齢者」が組み合わされた設定のおかげで
自分の先行きに対する不安が大きく伝わってくる。


子育てのかわいさと死という人生の2つの山場を味わえる作品。


【関連作品のレビュー】
セブンティウイザン

総アクセス数