レビューブログ【レブログ!】

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想(ネタバレなし)が5000件以上!


伊豆の踊子<1963年公開版>

各地を巡りながら日銭を稼ぐ旅芸人一座の娘と
1人旅をしている学生との淡い恋愛模様を描いた話。
同じ原作で映像化された作品のうち
高橋英樹と吉永小百合が主演を務めたものとなる。


高校生が妙に大事に扱われる当時の様子は新鮮だが、
原作が短編小説ということもあってか、
恋愛映画としてはかなりシンプルな筋書きで
誰にとっても理解しやすい内容になっている。


真面目で人情味のある学生と
天真爛漫な踊子の2人が非常に微笑ましく、
観ていて応援したい気持ちが湧いてくる。


有名作品とはいえ大正時代の小説ということもあって
もっととっつきの悪い話かと心配していたが、
非常に観やすく感情移入しやすい良作で面白かった。


【関連作品のレビュー】
伊豆の踊子(1974年公開版)

総アクセス数