レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


終末のワルキューレ<全12話>

人類の存亡を賭けて
神と人間が1対1の決闘をしていく話。


神話に登場するような神々と
歴史や物語に出てくる有名な人間たちが
バキ」のような闘いを繰り広げていく。
それぞれの能力や技が大げさに解釈されていて
やたら派手な表現になっているので見栄えがする。


試合展開のパターンは大きく変わらず、
一方の攻撃で瀕死になったかと思いきや
今度はもう一方が反撃するという繰り返しなので、
ストーリーを楽しむというより
どんなキャラクターが登場して
どんな大見得を切るかという部分が醍醐味。


割と早い段階でマンネリを感じるが、
有名キャラクター同士のプロレスが楽しめる作品。


【関連作品のレビュー】
終末のワルキューレ(マンガ)

総アクセス数