レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


英語ができない私をせめないで!

ダーリンは外国人」を描いた小栗左多里が
外国人の夫がいながらも英語ができないことについて悩みつつ、
少しずつ英語の訓練をしていく流れを書いたもの。
文章のページとマンガのページが交互に収録されている。

マンガの方はまだ面白いが、失敗談ばかりなので
英語を学習する人にはほとんど参考にならない。

英語を勉強するもの同士ということで共感を得られる内容だが、
あくまでエッセイの域を出ない本だった。

【関連作品のレビュー】
ダーリンは外国人(マンガ)
ダーリンは外国人 in English(英語版マンガ)
さおり&トニーの冒険紀行 オーストラリアで大の字(マンガ)
ダーリンは外国人(実写映画)

総アクセス数