レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



Adventures of Sherlock Holmes<ラダーシリーズLEVEL3>

Adventures of Sherlock Holmes シャーロック・ホームズの冒険 ラダーシリーズ
IBCパブリッシング (2013-09-06)
売り上げランキング: 78,965

「シャーロック・ホームズ」シリーズを5作品収録したもので、
約1600語ほどの語彙の英文で書かれたラダーシリーズLEVEL3となる。

収録作品
●A Scandal in Bohemia(ボヘミアの醜聞)
●The Red-headed League(赤毛組合)
●The Adventure of the Speckled Band(まだらの紐)
●The Boscombe Valley Mystery(ボスコム渓谷の惨劇)
●The Man with the Twisted Lip (唇のねじれた男)

それぞれ独立したエピソードであり、
過去の話などは絡まないため、特に予備知識は不要。
名探偵ホームズの相棒であるワトスンが語り手となるため、
一人称はワトスンのことであることさえわかっていれば問題ない。

舞台がイギリスということもあって、
「sitting room」「mews」のようなイギリスで使われる英単語が出てくる。
アメリカ英語を中心に勉強している人には馴染みの薄い単語だが、
英米問わず、理解できる英語力を身に付けたいならちょうどいいだろう。
ただ、誰のセリフなのかわかりにくい会話文が多々あるのには苦労した。

各エピソードを読み終わった後、Wikipediaの作品紹介ページ
あらすじと自分の読解内容とを照合すると良い。

開始早々に依頼人に関する情報が提示され、一気に物語に引き込んでくれるので
英文に対する抵抗感よりも、先を読み進めたい意欲が勝る。
架空の話とはいえ、現実世界を舞台にしているだけあって
LEVEL2の「星の王子様」より遥かに読みやすかった。

【関連作品のレビュー】
From the Files of Sherlock Holmes(ラダーシリーズLEVEL3)
シャーロック・ホームズ(映画)
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(映画)
シャーロック・ホームズ(人形劇)
名探偵ホームズ(テレビアニメ)

総アクセス数