レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



それでも英語やりますか

英語を必要以上に崇拝したり恐れたりすることをやめ、
コンプレックスを捨てて勉強することを提案した本。

前半はとにかく英語不要論が長々と語られ、
日本で暮らす限り英語を学ばなくて良い、というような主張が続く。
しつこくしつこく英語を否定されると
これまで勉強してきた身としてはウンザリする。

後半になると、意図さえ伝わればいい、という主義のもと
いかに簡潔な英文でコミュニケーションが成り立つかを説く。
英会話の際、日本語の直訳を意識したり、
試験問題に出てくる形を作り上げようと意識してしまって
小難しい英作文になりがちなところを
大胆な意訳によりシンプルな英文にするところは賛成だ。

しかし、全体的に冗長で同じ話がくどくどと書かれているので読んでいて疲れる。
作者の主義を押し通すあまり、
口うるさくて面倒な理屈が埋め尽くされているので
本書で推奨されている英作文同様、もっとシンプルに仕上げて欲しかった。