レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



青春少年マガジン1978-1983

柔道部物語」「1・2の三四郎
What’s Michael?」などを描いた漫画家、
小林まことの自伝的なマンガ。

テレビ番組で紹介されていたのをきっかけに読んでみたが、
短いエピソードを次々に断片的に紹介しているだけなので
小林まことによほど思い入れがないと、それほど面白く感じない。

そもそも読んでいる側が盛り上がるように
山場やクライマックスを練っている普通のマンガと違い、
漫画家の人生は事実を変えられない以上、そういった魅力には欠けてしまう。

つまらないわけではないが、これを読んで感じるのは
あくまで漫画家という職業が非常に大変だということと、
漫画家がマンガに賭ける熱意や執着心が尋常ではないということぐらい。

番組で紹介されたときは面白そうなエピソード部分ばかりが紹介されていたので
全体としてすごく面白そうな予感がしていたのだが、
結局は紹介されていた部分だけが面白いだけだった。

最後に収録されているデビュー作「格闘三兄弟」は
今読んでも普通に面白いのが素晴らしかった。

総アクセス数