レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



キングスマン

KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2015-12-23)
売り上げランキング: 7,263

どの国にも属さないスパイ組織と、そこにスカウトされた新人たちの話。

スピード感のある体術と秘密道具のギミックとしての面白さはたまらないが、
1本の映画としてはいろいろ中途半端な仕上がりで残念なデキ。

新人が徐々に一人前に成長していく話なのか、
絶妙な作戦と戦術で悪を退治する話なのか、
ベテランと新人のペアの活躍を見せたいのかがわからず、
どれだとしてもイマイチ爽快感が足らない。

スパイの素養を確かめるためのテストが妙に甘い設定ばかりで
これで一流の人材がきちんと選べるのか甚だ疑問。
また、主人公以外のスパイ候補や犬など、後から活きてくる要素かと思いきや
よくわからないうちにどんどん数が減り、
目立たないまま出番がなくなってしまう。

主人公をスカウトしたベテランスパイの立派な姿を楽しめるのかと思いきや、
中盤でプロとしてあり得ない行動を起こし、退場してしまう。

主人公の母親と付き合っている地元のボスも
どの程度の凄さを持っているのか実感できないし、
存在感が薄くて2度目に出てきたときにボスだとわからないほど。

ものすごい強さを見せる義足の女性は非常によかったが、
敵のボス自身が強いのか弱いのかよくわからず、最期もあっけない。
そのボスが提供する何もかも無料という商品を
なんの疑問も持たず人々が手に入れようとするのも不自然すぎる。

終盤で敵の幹部を一網打尽にした場面の演出は
悪ふざけが過ぎるばかりでカッコ悪いし、
それができるなら敵地に潜入する前にやっておくべきだろう。
敵の企みを阻止するために行った味方スパイの任務はあまりに地味な描かれ方。

最新の特撮技術を使ったテンポのいいスパイ映画が観れるかと思ったが、
どの要素もスカッとさせてくれない煮え切らない作品だった。