レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール

奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール
渋谷 直角
扶桑社
売り上げランキング: 8,789

憧れだったオシャレ路線の編集者になった男性が
ある女性との出会いによってどんどん人生を狂わせていく話。

ファッション誌業界の雰囲気が非常にうまく描かれており、
素人目にも「確かにこんな感じなんだろうな」という印象を受ける。
登場人物の言動やノリがとにかくそれっぽく、妙に人間臭くてリアル。

また、人間の嫌な部分を容赦なく描いていて
ある部分から他作品では見ないほどのエグさを強烈に出してくる。
フラフラの線で描かれたヘタウマのような絵は独特だが、
読み進めていくにつれてそれが絶妙な効果を発揮し、
極限状態の人間の様子がよく伝わってくる。

序盤でも「結構嫌な方向に持っていくなぁ」と感じるのに、
それがどんどんエスカレートしてホラーの領域まで達する。
前作「カフェでよくかかっているJ-POPの~」も割と強烈だったが、
今作はリアリティと狂気を混ぜ合わせ、
完成度の高いサイコホラーに仕上がっている。耐性のある人にオススメ。

【関連作品のレビュー】
奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(実写映画)
カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生(マンガ)