レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


ドラゴンボールZ 神と神

「ドラゴンボール」シリーズの映画18作目となり、
長い眠りから覚めた破壊神ビルスが
「スーパーサイヤ人ゴッド」の存在を求めて現れる話。

魔人ブウとの闘いから数年後という設定で
これまでのキャラクターが総登場するが、
ほとんどがチョイ役で無理に出番を用意している印象ばかり。
また、会話や戦闘のテンポが悪すぎてあまりにもつまらない。

強すぎるビルスは攻撃に対しての手応えがないし、
フリーザやセルの頃のような緊迫感もない。
「ドラゴンボール」が好きであるほど、観る価値のない作品。

【関連作品のレビュー】
ドラゴンボール(マンガ)
ドラゴンボールZ 復活の「F」(映画)
ドラゴンボール超 ブロリー(映画)

総アクセス数