レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



コミュ障は治らなくても大丈夫

人との対話で多くの失敗をしてきたアナウンサーが
自身の経験をもとにコツや考え方をアドバイスしたもの。

この本で言う「コミュ障=コミュニケーション障害」は
実際の病気ではないものの、周囲との会話がうまくできない人を指すが、
どういう返答をすべきかわからない、
会話が続かない、周囲に変な目で見られるなど、
同じような悩みに共感できる人は多いだろう。

前半は会話が苦手な人がやりがちな失敗の数々が描かれており、
感情移入するとたまらなくなる状況だが、
なぜ周囲から浮いてしまうのかを客観的に観察できる。

絵のタッチはあまり好きになれないし、
マンガとしても読みづらい部分はあるが、
コツやポイントを簡潔に押さえた内容は非常に有益。