レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



狭い世界のアイデンティティー<1~2巻>

人気を手に入れて生き残ろうとする漫画家の生態を
暴力に置き換えて表現した作品。

作品の価値を編集者に認めてもらおうとする様子や
漫画家同士の競争、作品のWeb公開やSNSの活動まで
おおよそ漫画家が関わりそうなことを風刺的に描いた強烈な作風。

本来なら建前に隠されるはずのやり取りを
おおっぴらに暴言と暴力で表現しており、
本音を隠さずにぶつかり合う様子が描かれる。
好みは分かれるだろうが、
ブラックな作品が好きな人には楽しめるだろう。