レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜

数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜
ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー
晶文社
売り上げランキング: 913

数学と不思議や面白さを小説形式で説明した本で、
少年のもとに現れた悪魔が特別な力で
数学の不思議な側面を体感させてくれる話。

フィボナッチ数列やパスカルの三角形など有名どころが出てくるので
そのあたりを知らない小中学生にはいいかもしれないが、
せっかく小説形式になっているのに話かなりつまらなくて、
話を読み進めたくなる魅力が湧かないのが残念。

また、数学用語を独自の言葉で置き換えているところがあり、
基礎知識がある人にとっては逆に読みづらく感じる。
独自用語で覚えてしまっても困るので、
導入部は独自の言葉であっても
途中から本来の表現を使って説明するようにして欲しかった。

小説を通して数学の面白さを紹介する、という着眼点は新鮮だが、
意外にも人を選ぶ内容だったのは残念。

総アクセス数