レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4600件以上! レビューは毎日更新します。


ファイナル・デッドサーキット

ファイナル・デッドサーキット (期間限定価格版) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2013-05-02)
売り上げランキング: 69,455

ファイナル・デスティネーション」シリーズの第4作目で、
サーキットの事故をまぬがれた人たちが
死ぬはずの運命に追い詰められる話。

何か事故が起こりそうな雰囲気が展開され、
あることがきっかけで次々と連鎖的に物がぶつかり合い、
最終的に被害者になんらかの死をもたらすというパターンは同じ。

しかし今回はかなりグロテスクな描写が直接的に含まれていて、
内臓や肉片がハッキリと映し出される演出が多い。
シリーズ2作目までは、そういった直接的な表現以上に
身近で痛々しい死因というインパクトが大きかったが、
今作はただ死体がグチャグチャになる場面が増えたことで
逆にウソっぽさが目につくようになった印象がある。

気持ち悪いからといって作品性が高まるわけでもなく、
下品なスプラッター作品に成り下がってしまった感じがするし、
一番の見せ場である冒頭の大事故シーンも
妙に雑な死に方ばかりで盛り上がりに欠けた。

とはいえ、このシリーズは
ホラーというより「スプラッターコメディ」と言うような、
どういう風に死ぬのかを楽しみにしながら観る作品なので
あまり気を張らずに観るならそれなりに楽しめるだろう。

ただ、主役の2人を始めとする日本語吹き替えのクオリティが異様なまでにひどく、
鑑賞中にずっと気になって、冷める原因になったのは残念だ。

【関連作品のレビュー】
ファイナル・デスティネーション
デッドコースター
ファイナル・デッドコースター
ファイナル・デッドブリッジ

総アクセス数