レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!
マガジンハウス (2009-07-23)
売り上げランキング: 23,972

タイトル通り、朝4時に起きて生活を始める流れを推奨する本。
単に現在の活動時間が早朝寄りにズレるというだけでなく、
朝に仕事やアイデア出しを行うことで普段以上の成果を出せる、という内容。

序盤はひたすら4時起きを成功させるための手段や考え方について書かれているので
目覚ましさえ4時にセットすれば起きれる、という人にとっては
この本の3分の1が無駄になる。これは非常に無意味。

もちろん同じ睡眠時間であっても4時に起きる自信がない人や、
普段から目覚まし通りに起きるのが苦手な人には有益かもしれないが、
作者のアイデア通りに行動したから起きれるとは限らない。
そもそも似たような主張を延々とページを割いて何度も書くので
読んでいてなかなか話が進まず、本としてのテンポが悪いのは難点。

中盤になると4時起きをするようになったきっかけとして、
何もかもうまくいかなかった時期の話を振り返り、
それらが4時起きすることですべてうまくいくようになったという流れが書かれる。
当時の自分の言動に関して反省の気持ちも書かれているが、
それでもそのダメっぷりにはイライラさせられた。

その内容はきちんと仕事をしている社会人であれば
何も4時起きしなくとも意識できている仕事観や責任意識であることが多く、
作者自身は4時起きにしたことで視野が広がったのかもしれないが
社会人において「4時起きでなければできないこと」、
「4時起きだからこそできること」ではない。

つまりはこの作者にとって「朝4時起き」がきっかけになって
社会人として成長した、というだけな気がする。
4時起きせずとも実行できる人や、すでに実現できている人にとって
何時に起きるかはあまり関係がないのではないだろうか。

総アクセス数