レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



Curious George<シリーズ>

Curious George (English Edition)
HMH Books for Young Readers (1973-02-23)
猿のGeorgeがいろいろな事柄、物、人と関わっていくシリーズ。


Curious George
Curious George A Winter's Nap
Curious George and the Birthday Surprise
Curious George and the Bunny
Curious George and the Dog Show
Curious George and the Dump Truck
Curious George and the Firefighters
Curious George and the Hot Air Balloon
Curious George and the Pizza
Curious George and the Puppies
Curious George at the Baseball Game
Curious George at the Parade
Curious George's Big Book of Curiosity
Curious George Builds a Home
Curious George Christmas Countdown
Curious George Cleans Up
Curious George Color Fun
Curious George Curious You : On Your Way !
Curious George's Dream
Curious George Dinosaur Tracks
Curious George Feeds the Animals
Curious George's First Day of School
Curious George's First Words at the Circus
Curious George Flies A Kite
Curious George Gets a Medal
Curious George Goes Camping
Curious George Goes to the Beach
Curious George Goes to the Hospital
Curious George Goes to a Movie
Curious George Goes to the Zoo
Curious George Good Night Book
Happy Halloween, Curious George
Curious George Lost and Found
Curious George Makes Pancakes
Curious George Parade Day
Curious George Pinata Party
Curious George Plumber's Helper
Curious George Race Day
Curious George Rides a Bike
Curious George Tadpole Trouble
Curious George Takes a Job
Curious George Takes a Trip
Curious George The Boat Show
Curious George The Donut Delivery
Curious George The Perfect Carrot
Curious George Up, Up, and Away


日本でも「おさるのジョージ」という呼び名で有名なキャラクターで、
言葉はしゃべらないものの、かなり擬人化されている。
自立した行動ができる上に周囲からもそれが認められていて、
好奇心旺盛なGeorgeがいろいろな体験をしていく。


英文はどれもシンプルなもので、
中学英語が身に付いていれば
ほとんどつまらずにスラスラと読めるレベル。


1作目である「Curious George」以降はナンバリングされていないため、
どの順序で読むべきかが判断できないのだが、
巻によって話のボリュームや難易度に結構な差があった。


ほとんど何も起こらずにあっさりと終わるものもあれば
それなりの起伏が用意されているものもあるが、
おおよそページ数に比例しているので
自分の実力にあったものから読み始めるのがいいだろう。

総アクセス数