レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



天使の恋

天使の恋 (Blu-ray Disc)
天使の恋 (Blu-ray Disc)
posted with amazlet at 18.03.13
Happinet(SB)(D) (2010-04-23)
売り上げランキング: 101,541

いじめ、援助交際、恐喝などさまざまな行為に手を染めていた女子高生が
とあるきっかけで知った男性に夢中になってしまう話。
ケータイ小説が元になっているらしいが、原作は未読。

ケータイ小説らしい設定というか、現実離れした内容が
多数入っており、そのあたりが気になる人には不向き。
佐々木希が演じる主人公・理央(りお)が
周囲の人物から圧倒的な人望を集めている理由や、
理央に助けられたいじめられっ子が
いとも簡単に援助交際に手を染める流れ、
多数の男性と関係を持ち、誰もが振り返る魅力がある理央が
すべての贅沢を捨てて今さら一目惚れする展開は説得力に欠ける。

谷原章介が演じる小澤に関しても
余命を1日単位でカウントダウンしているが、
果たしてそこまで正確に把握できるのか微妙だ。
見るたびに変わる理央のファッションも
街を歩くと浮きまくりそうな奇抜な格好が多く、
センスがよく魅力的なはずの主人公なのに疑問を感じてしまう。

ただ、唐突な展開にしろ、無邪気に小澤につきまとう一途な理央の姿は
本当にかわいくて魅力を感じる。
いっそのこと、純情な高校生が大人の男性につきまとう
純粋な恋愛映画にすればよかったと思うほど。

タイトルからすると理央が「天使」ということなのだろうが、
さまざまな悪行をしてきた設定なだけに
天使ととらえるには無理があるように思う。
理由があったにしろ、許されるレベルを超えているだけに
その設定に感情移入するのが難しい。

2時間たっぷりとかけた作品で不要に感じる設定もたくさんあるが、
佐々木希のプロモーション映像として観るには最高の完成度。
少しでも佐々木希に魅力を感じたことがあるなら観る価値アリ。

総アクセス数