レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4300件以上! レビューは毎日更新します。


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

1969年のハリウッドを舞台に、
かつて人気を博した映画俳優と
彼の専属スタントマンの日々を描いた話。


2時間40分を超えるかなりの長さでありながら
どういう話なのかよくわからなかった。
わずかな格闘シーンは迫力があったが、
大半は何の意味があるのかつかめない場面ばかりで
面白みのないやり取りがひたすら続く。


当時のハリウッドの雰囲気や
映画作品を知っていれば多少は違うのかもしれないが、
そういった前提知識がなければ
どこを楽しんでいいのかまったくわからない作品だった。

総アクセス数