レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4400件以上! レビューは毎日更新します。


トム・ヤム・クン!

さらわれた象を取り返そうと
タイの青年が密輸組織を追ってシドニーに乗り込む話。


CGなし、ワイヤーなし、スタントなしのアクションを
主演俳優自身がこなしているというウリ文句の通り、
華麗で個性的な動きは見応えがあって気持ちいい。
特に中盤、長回しのカメラで塔を登っていく場面と、
教会の中でカポエラ使いと戦う場面は引き込まれる。


反面、ストーリーとしてはイマイチで、
どのキャラクターにも魅力がない。
また、カメラの切り替わりが激しすぎて
状況がよくわからないことが多々あった。


ただ象の名前を叫んで探し回るだけの単調な筋書きなので、
あくまでアクション目的だと割り切って観るための作品。

総アクセス数