レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



サマータイムマシン・ブルース

大学のSF研究会のメンバーが
タイムマシンを使ってトラブルに陥るドタバタコメディ。

数人の男女で構成される小規模な舞台ながら、
まったく無駄のない綿密に構成された脚本で、素晴らしく楽しめた。
序盤に連続で流れる何気ない日常風景は
時間軸をズラしているような印象もあって混乱するが、
のちのちの重要な伏線となる。

最初は登場人物のキャラクターに慣れていなくてわかりにくいが、
徐々にそれぞれの人柄やノリがわかってくると面白くなる。
同好会の部員たちの独特のテンションが楽しく、
いちいち絡んでくる鬱陶しさが笑いを誘う。

ごく限られた場面と人物による脚本の妙、といったところで
キサラギ」と同じような気持ち良さを味わえる作品。強くオススメ。

総アクセス数