レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



The Curious Incident of the Dog in the Night-Time

自閉症の少年が、近所で殺された犬について調べていく話。

英文は読みやすく、関係代名詞・関係副詞を使った英文が
スムーズに読めるなら大丈夫だろう。

最初から最後まで主人公の少年の視点で話が進み、
そこからわかる情報だけで周囲の状況が徐々に見えてくる。
少年の言動に自閉症独特の理屈っぽさや強情な部分があって面白い。
そしてそれ自体がストーリー展開に大きく関わっており、
自閉症の主人公でなければ成立しなかった作品になっている。

博識でこだわりが強い分、話が横道にそれることも多いが
ストーリーがどう展開していくのかが気になって読み進めてしまう。
自閉症独特の物事の感じ方や苦労があることもよく伝わってくるし、
それを乗り越えていく主人公の成長を追体験できて読後感が良い。

割とボリュームがあるが、英語読書に自信がついてきた人にぜひ読んで欲しい。