レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


ニューヨーク東8番街の奇跡

巨大ビル建設のために立ち退きを迫られているアパートで
住民たちのもとに小さなUFOが現れる話。

1987年の作品ということで特撮部分がチープに感じるところはあるものの、
キャラクターの立った登場人物と微笑ましい場面が楽しめる。
ほのぼのする笑いの要素があるものの、
基本的には常に危機感を感じる展開で緊迫感が続く。

認知症の老人をうまく使った演出が多く、
それぞれの登場人物に深く感情移入してしまう。
スッキリと観終わることができる後味の良さで、今観ても見劣りしない名作。

総アクセス数