レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



デトロイト・メタル・シティ<実写映画版>

田舎から出てきて大学に入学し、
音楽に目覚めて業界に踏み込んだものの、
本人の望む方向性と違うヘビメタ界で活躍することになる
フェミニンな雰囲気の男性の話。
原作マンガは未読だが、これが非常に面白かった。

ヘビメタに染まっていくまでの話かと思いきや、
すでにデビューした後の話で進んでいく。

まず登場人物のキャスティングが素晴らしく、
デキのいい邦画のお手本のごとく、
みんながみんな綺麗にハマり役。

特に主人公を演じる松山ケンイチはナヨナヨした女々しい男性と、
悪魔系ヘビメタバンドのリーダーになったときとのギャップを
見事に演じきってくれる。素晴らしい演技力。

テンポもよく、主人公を笑いつつも応援していると
あっという間にラストまでたどり着くイメージ。
観て損はない良作邦画。高い評判にも納得できる。

【関連作品のレビュー】
デトロイト・メタル・シティ(マンガ)
デトロイト・メタル・シティ(アニメ)