レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



北のカナリアたち

定年を迎えた女性が、北海道の分校で面倒を見ていた
元教え子たちに会いに行くところから始まる話。

まったく状況がつかめない状態から
教え子たちの話によって少しずつ全貌が見えていく展開が見事。
同じ場面が違う視点で語られることで
どんどん印象が改められるのが気持ちいい。

女性教師とわずか6人の小学生たちが
ある事件をきっかけに大きく運命を変えていくのだが、
それぞれが当時の想いを振り返りつつ
心のつかえが取れていく流れが良い。

20年前と現在の場面が頻繁に入れ替わるが、
まったく混乱することなく理解できるし、
子どものときの雰囲気そのままに成長した現在の姿が
あまりにもしっくりくるキャスティングも素晴らしい。

不幸な境遇が多くて重いストーリーではあるが、
俳優たちの演技がどれも素晴らしく、非常に引き込まれる。

唯一、仲村トオル演ずる警官に関しては
どうにもスッキリせず、不要な要素だったように思えた。

総アクセス数