レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4400件以上! レビューは毎日更新します。


どろろ<全2巻>

身体の各部位を魔物に捧げられた主人公が
旅をしながらそれらを奪い返していく話。


全身が作り物のパーツだけという強烈な設定だが、
手塚作品の中でも読みやすい内容で、
キャラクターの奥深さと戦いの迫力が味わえる。


身体を取り戻すというのが目的だが、
その道中で出会う人々とのやり取りから
争いの虚しさや人間の愚かさが伝わってくる。


先にアニメ版を観たが、原作を読むと
アニメが原作の各要素を非常にうまく活かしながら
絶妙にアレンジしていたことがわかる。


アニメ版か手塚治虫作品が好きな人向け。


【関連作品のレビュー】
どろろ(2019年版テレビアニメ)
手塚治虫物語(マンガ)

総アクセス数