レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4300件以上! レビューは毎日更新します。


聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

父親を亡くした少年を気にかけるうち、
彼からの依存がどんどん激しくなっていく話。


一部でかなり評価されているようだが、
どうにも腑に落ちない設定と展開で
どこに面白さを感じればいいのかわからなかった。


少しずつ家庭に入り込んでいく部分までは怖かったが、
そこからの流れは奇抜すぎるし、
淡々とした展開ばかりでどうにも退屈に感じた。


モチーフとなっているギリシャ神話を
知っている人には面白いのかもしれないが、
単体の映画としては特に魅力を感じなかった。

総アクセス数