レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4500件以上! レビューは毎日更新します。


101匹わんちゃん

ダルメシアンが産んだたくさんの子犬たちが
毛皮好きな女性につきまとわれる話。


1962年公開のアニメ作品だが、
非常に滑らかな動きと愛らしいキャラクターで
特に古さを気にすることなく楽しむことができる。


物語の導入部は平和的でかわいらしいが、
子犬が生まれたあたりから一気に緊迫感が続く展開になり、
ひたすら危険な状況が続いて気が休まらなくなる。
あまりに多過ぎる子犬たちのせいで小回りが効かない不便さと
狂気じみた様子で追ってくる悪役クルエラの執着心が怖過ぎる。


子供向けのかわいいイメージのある作品だが、
筋書きとしても十分にホラーなので、
それなりの覚悟を持って観て欲しい。


【関連作品のレビュー】
101(実写映画)

総アクセス数