レビューブログ【レブログ!】

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想(ネタバレなし)が5000件以上!


トータル・リコール<1990年公開版>

トータル・リコール [Blu-ray]

トータル・リコール [Blu-ray]

  • アーノルド・シュワルツェネッガー(屋良有作・玄田哲章)
Amazon

酸素の限られた火星に植民地が築かれた近未来を舞台に、
自分の中に隠された記憶があることに気づいた男の話。


1990年の作品だが特撮はなかなかに凝っていて、
容赦のない残酷描写と相まって
アクション映画として見せ場が多いのが素晴らしい。
何度も命の危険に遭いながらもスカッとさせてくれる。


未来的な要素の中に権力者に虐げられた弱者の存在があり、
マンガ「銃夢」を思わせるような世界観も魅力的。


緊迫した状況を強引に突破していく主人公が痛快で、
最初から最後まで退屈せずに楽しめる傑作。


【関連作品のレビュー】
トータル・リコール(2012年公開版)

総アクセス数