レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


魔女の宅急便<実写映画版>

魔法使いの少女が親元を離れて
宅急便で生活を築こうとする話。


スタジオジブリによるアニメ作品の印象が強いが、
原作である児童文学をもとにした実写化ということで
アニメの筋書きとはそこまで一致しない。


ただ、2014年公開作品と思えないほど
CGで表現された動物や空を飛ぶ特撮のクオリティが低く、
観ていてひたすら冷めてしまうし、
いかにも日本という風景も世界観を邪魔している。


主人公が関わる島の住民も嫌な人ばかりで
アニメ版で感じたようなワクワクもドキドキもない。
せっかくのファンタジー作品なのにまったく没入感が足りなかった。


【関連作品のレビュー】
魔女の宅急便(アニメ版)

総アクセス数