レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



3月のライオン<前・後編>

将棋の才能に長けながらも
いろいろな悩みを抱える高校生棋士の話。


同名のマンガを原作とする実写化作品で、
前後編とも2時間20分ほどの長編になっている。


キャラクターによってバラツキはあるものの
原作の雰囲気をうまく再現したキャスティングで、
主人公の生い立ちや将棋を取り巻く人間関係など
結構なボリュームがテンポよく描かれている。
ただ、後編のイジメの話などはあまりにも短くされていて
話の重みや醍醐味がなくなってしまっているのは残念。


また、設定やストーリーが全体的に重い内容ので
マンガのような勢いあるノリや笑いが表現できない実写版では
ひたすら暗くて辛気臭い仕上がりになってしまった。
原作やアニメ版で本作の面白さを知っている人向け。


【関連作品のレビュー】
3月のライオン(マンガ)
3月のライオン(アニメ)

総アクセス数