レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4500件以上! レビューは毎日更新します。


あるフィルムの背景 ミステリ短篇傑作選

あるフィルムの背景 ──ミステリ短篇傑作選 (ちくま文庫)

あるフィルムの背景 ──ミステリ短篇傑作選 (ちくま文庫)

13作品が収録された短編集。


収録作品
第一部
 ●惨事
 ●蝮の家
 ●孤独なカラス
 ●老後
 ●私に触らないで
 ●みにくいアヒル
 ●女の檻
 ●あるフィルムの背景
第二部
 ●絶対反対
 ●うまい話
 ●雪山讃歌
 ●葬式紳士
 ●温情判事


絶賛されている書評を目にするが、
全体的に評判ほど面白く思えなかった。


第一部に関しては長く引っ張る展開の割にオチが弱いし、
スッキリさせてくれるわけでもなくてストレスがたまる。


キャラクターは深く描かれているが
ひたすら不幸に見舞われた筋書きが続き、
後味の悪いままプツリと終わってしまう印象。


第二部はそれぞれの作品が短くなるので
テンポがよくなる分、ずいぶんマシに感じるが、
ショートショート程度のオチしか用意されていないのに
結末に持ち込むまでの前フリが長すぎるように思う。


どの作品も、ひとつしかない伏線を
いろいろな情報に紛れさせているに過ぎず、
これなら阿刀田高や星新一の方が高い満足度が得られる。

総アクセス数