レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4000件以上! レビューは毎日更新します。


タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

山小屋の修理に来た気の優しい男たちが
大学生に殺人鬼と誤解されてしまうホラーコメディ。


田舎者を馬鹿にした大学生の誤解と不運が重なって
次々と壮絶な死を迎えていくのが痛快で、
容赦のないスプラッター描写が続くのに
不思議とコメディとして楽しめるところが斬新。


いつ死が訪れるか先が読めない部分に
ファイナル・デスティネーション」シリーズに似た面白さがあり、
他のホラー作品にはない魅力があるのが素晴らしい。


筋書きもうまく、最後までスッキリと楽しませてくれる良作。

総アクセス数