レビューブログ【レブログ!】

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想(ネタバレなし)が5000件以上!


藁(わら)にもすがる獣たち

切羽詰まった状況の人間たちを並行して描いていく群像劇。


断片的に進んでいくそれぞれの事情に最初は混乱するが、
開始1時間あたりで少しずつ絡み始め、
意味の分からなかった状況が氷解していくのが気持ちいい。


登場人物の設定と使い方が非常にうまく、
話の中心となるキャラクターが次々と移っていくのに
それぞれに感情移入しながら没入してしまう。


無駄に感じる要素が一切なく、
非常にテンポよく見せながら
各要素が結びついていく爽快感を味わえる傑作。

総アクセス数