レビューブログ【レブログ!】

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想(ネタバレなし)が5000件以上!


カルト村で生まれました。

独自の習慣や制限を強いられる
特殊な集団生活を送ってきた作者が
子供だった当時を振り返ったもの。


宗教団体の一種だと思われるが
教祖の存在や金品の献上などは感じられず、
あくまで子供視点から見た日常を描いている。


食事や娯楽、自由が厳しく制限された生活は
子供にとってはかなり過酷だと思うが、
作風が淡々としすぎていて
深刻さや過酷さがどうにも伝わってこなかったり、
ふいに挿入される夫のコメントなどは好みが分かれる。


また、文字が小さくて読みにくいなど
マンガとしてもイマイチな部分があり、
せっかくの貴重な体験談が
表現方法のせいで阻害されているのは残念。


集落の異常性は興味をそそるが、

愛と呪い」や「カルト宗教信じてました。」あたりの
強烈な描写と比べるとパンチが弱く、
そこまでの壮絶さが味わえなかった。

総アクセス数