レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


時計じかけのオレンジ

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]

  • マルコム・マクドウェル
Amazon

暴力的な犯罪を繰り返す少年グループのリーダーが
とある治療の実験台になる話。

1972年の作品だが、今観ても近未来の雰囲気を感じる独特のビジュアル。
前半は悪行を繰り返す少年たちに嫌悪感でいっぱいになるが、
中盤から一気に流れが変わり、前半がすべて伏線だったことに気づかされる。
それまでの報いを受ける様子に胸がすく思いだが、
同時に治療の怖さも感じさせられる。

登場人物たちのセリフには頻繁に独自のスラングが混ざり、
なかなか意味がわからなくて苦痛に感じたが、
不思議なことに徐々に何を指しているかがわかってくる。

容赦のない暴力描写に受け付けない人もいるだろうが、
独自のエグさと迫力は素晴らしい。

総アクセス数