レビューブログ【レブログ!】

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想(ネタバレなし)が5000件以上!


キル・ビル<Vol.1>

自分を瀕死に追い込んだ暗殺者集団と
そのボスに復讐しようとする女性の話。

沖縄のシーンぐらいまでテンポのいい戦いと
主人公の行動原理が見えてくる流れで
割と楽しめる内容に仕上がっている。

また、途中でいきなり挿入されるアニメも素晴らしいデキで、
そのままアニメだけで展開して欲しかったほど
カッコよくて目を引くクオリティだった。

ただ、東京の高級料亭での乱戦あたりから
やけにアクションのチープさや
不細工なカメラワークが目立つようになり、
敵が多すぎる上に弱すぎる点や
剣で戦う割に密集しすぎな部分など粗が目立った。

英語を話せる相手なのにわざわざ片言の日本語を使う部分や
特徴的なBGMをしつこく繰り返して使うことで
バラエティ番組のような雰囲気になり、
どうにも緊張感を削いでしまった印象を受けた。

日本人から見るとかなり違和感のある描写も多いが、
外国人が和風のミステリアスな雰囲気を味わいながら
日本刀アクションを楽しむための作品だろう。

【関連作品のレビュー】
キル・ビル Vol.2

総アクセス数