レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-07-16)
売り上げランキング: 2,405

序盤でゴミで汚れた神を助け湯婆婆に褒められるあたりまでは
昔からのジブリを見てるようで大人も子供も
ワクワクさせられる。非常に素晴らしい。

しかしそれ以降は迫力はあるがわかりにくく、
面白いとは思えない。
ハクが千尋を手助けしたりサポートしてくれる動機が弱く、
なぜあそこまでしてくるのかわからない。
同様に千尋がハクを助けようとする理由も弱い。
単純に恋心、というような態度でもないし、
特別に恩を返す必要も感じない。

ハクの正体に関してはあまりにも唐突。
もっと千尋と深い関わりの人物や品を予想していたのに
あの程度の知り合いだったとは。
ならば千尋でなくても、世の中にはたくさんいそうなものだ。

最近のジブリは、なにやらメッセージを込めていそうな、
ストレートに表現されないことが多くなり、
ラピュタや魔女の宅急便のように単純に楽しめなくなった。
子供ながらにわかりやすくて楽しめた話の方が好きだし、
それでいいと思う。

最後で唐突にみんなが千尋の味方になり、激しい応援をするのも
説得力がない。千尋とはそこまでの関係ではないはずだ。

カオナシも結局なんのために出てきたのか、
坊は湯婆婆の親バカっぷりを見せる以外の役目があるのか、
銭婆のところに行く理由など大してなかったのでは。
いまいちスッキリしないものが残る。

妙に説教臭くせず、大人の持つ子供の心を楽しませて欲しい。