レビューブログ【レブログ!】

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想(ネタバレなし)が5000件以上!


逆転裁判<実写映画版>

人気のアドベンチャーゲームを実写映画化した作品。
ストーリーとしてはゲーム1作目をベースとしている。

派手な髪型や服装で描き分けられたゲーム上のキャラクターを
ほぼそのまま実写化しており、かなりの違和感があるが、
かといってリアリティを追及して大人しくなっても「逆転裁判」らしくなくなるので
これぐらい弾けているのが正解なのだろう。

登場人物の説明があまりないまま一気に登場するため、
ゲームを未体験の人にはややとっつきが悪いと思われる。
法廷内で証拠品を見せるときにはホログラム映像が映るなど
思い切った設定で、裁判のやり取りがつかみやすいのは良い。

シナリオがゲームそのままなのはやや残念で、
ゲームをプレイ済みの人にとってはストーリーをなぞるだけになってしまうし、
トノサマンが題材となった事件が省かれているのに
劇中にトノサマンが出てくるのも少し違和感がある。

全体的にテンポがイマイチで中だるみも感じるし、
単体の映画としてはそれほどいいデキではない。

【関連作品のレビュー】
逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~(アニメ)

総アクセス数