レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



娘が不登校になりました。

不登校になった中学2年生の娘が
なんとか復帰できるよう努力した日々をまとめたもの。


子供が突然、学校に行きたくないと言い出した後に
親が取れる行動がリアルにまとめられていて、
そのときどきの感情や手続きの参考になる。


ただ、娘に「学校に通え」と言うばかりで
原因に関して探求しようとしていないため、
親子でもっと会話して
問題からうまく退避できるようにして欲しかった。
子供や学校への不満ばかりまき散らして
娘の本意を理解しようという気持ちが伝わってこないのは残念。


あまりスッキリした解決には至らないが、
不登校の事例のひとつとして参考程度に読む本。

総アクセス数