レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


藁の楯(わらのたて)

少女殺害の犯人の身柄を東京へと護送する話。

スピード感があり、独自の設定が活きる序盤は非常に楽しめ、
誰が敵なのかわからず、いつどこから襲われるかわからないシチュエーションは面白い。
しかし、新幹線の場面あたりから急速にスピード感がなくなり、退屈になる。

状況の割に敵が少なすぎることや、守る側の作戦が悪すぎること、
登場人物の理解しにくい言動や唐突なタクシーの出現など納得しにくい展開も多く、
せっかくの設定がうまく活きていない。

序盤の感触が非常によかっただけに、急激な失速が残念な作品。

総アクセス数