レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



家族喰い 尼崎連続変死事件の真相

家族喰い――尼崎連続変死事件の真相
太田出版 (2014-05-30)
売り上げランキング: 61,274

いくつもの家族が支配され、殺された尼崎連続変死事件について
いろいろな関係者から得た情報をまとめたもの。

事件そのものは非常に興味深いものだが、
序盤があまりにも読みにくすぎる。
説明の仕方が下手で証言者の話を羅列しているに過ぎず、
部分部分の状況は読み取れても
事件の全貌がいつまで経っても読み取れなかった。

ただでさえ関わった人間が多く、その関係も入り組んでいるのに
一気に人物を登場させすぎていて混乱するばかり。
それもアダ名を併用したり仮名を使ったりアルファベットで呼んだりと
読んでる側に整理して伝えようという姿勢に欠ける。
中盤からはそれぞれの一家に絞った話が展開されるので
やっとつながりが理解できるようになった。

食事やトイレを制限し、親族同士で責め合いをさせる点は
北九州監禁殺人事件に似た異常性を感じる。
難癖をつけて居座られたからといって
何人もの人がそうも簡単に支配されるのか、と感じてしまうが、
恐怖感や疲労、我慢の限界を超えて判断能力を失ってしまう様子が怖い。

人間関係がグチャグチャに入り組んでいて
それらの情報を整理するだけでもかなり面倒なルポ。