レビューブログ【レブログ!】

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想(ネタバレなし)が5000件以上!


まんが 哲学入門

「過去の世界とはなんだろう」「『ある』とはどういうことか」など
スッと理解しにくい哲学の話をマンガで解説したもの。

何かの理屈をマンガで解説する本は多々あるが、
本書は哲学者自身がマンガを描いているため
そのクオリティがあまりにもひどい。開始早々に読む気が失せてしまう。
同じキャラクターが同じ角度で延々としゃべるばかりで、
簡素な挿絵が付いた解説文を読んでいるのと変わらない。

言葉の定義やとらえ方、視点を変えた反論によって
今までの理解の仕方が揺らぐという哲学特有の興味深さはあったが、
マンガだからこそ読みやすい・わかりやすいという部分がなく、
哲学の入門書としてはあまり価値を感じなかった。

総アクセス数