レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4000件以上! レビューは毎日更新します。


ジョジョ・ラビット

第2次世界大戦の終盤、ドイツ兵に憧れる少年と
ユダヤ人の少女が交流していく話。


戦争を題材にした作品だが、兵士や戦場はほとんど描かれず、
ドイツで暮らす市民の視点で展開していく。
ナチスの支配する日常がどういうものかが伝わってきて、
偏った思想が強制されていたことがよくわかる。


どの登場人物も非常に個性的だが、
特に少年を支える母親の
カラッとした明るい性格が気持ちよくて好感が持てる。


前半はブラックなコメディとしての雰囲気が強いが、
中盤以降から一気にシリアスになり、
それに伴って大きく盛り上がる展開を見せる。


戦時下のナチス・ドイツという題材を非常にうまく使い、
少年の成長を追体験できる傑作。

総アクセス数