レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4600件以上! レビューは毎日更新します。


身近にあふれる「栄養素」が3時間でわかる本

一般的にも知られた炭水化物、タンパク質、脂質などをはじめ、
人体に必要とされるさまざまな栄養素を解説した本。


ダイエットや健康維持の観点から
栄養素に関する知識をつけたいと手を出してみたが、
雑学代わりに読むには淡々としすぎた説明で、
没入できる面白さがない。


また、「3時間でわかる」とはあるものの
200ページを超えるボリュームがあるため、
単純計算で1ページ1分足らずで読まなければならないが、
理科の教科書レベルで詰まっているので
とても3時間で読み切るのは無理だろう。


冒頭に各栄養素をキャラクターとして紹介したページがあるが、
なぜか本文ではほとんど登場しないのも意味がわからない。
キャラクター化してもわかりやすくなるわけではなく、
イラストにする必要性を感じなかった。


栄養士を目指す人の専門書にしては稚拙だが、
かといって一般の人には面白みのない本。

総アクセス数